おすすめネット Audio Technica/AT4050ST-マイク おすすめネット Audio Technica/AT4050ST-マイク

【受注生産品】[GEORGE LYNCH] ESP KAMIKAZE-I
kawatama.net

WordPress Popular Postsのサムネイル画像のキャッシュをクリアする方法





単一指向性と双指向性の大口径ユニットを独立搭載したステレオ・コンデンサーマイクロホン

【製品概要】

AT4050STは世界的ベストセラーとなったAT4050をベースに、プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ使用向けに設計された革新的なサイドアドレスMSステレオマイクロホンです。

広い周波数帯域において、秀逸な指向特性を実現する1インチ大口径ツインダイアフラムはそのままに、単一指向性と双指向性を持つ高感度マイクユニットを独立搭載。MSダイレクトとLRワイド(127度)、LRナロー(90度)2種類のステレオモードに設定可能です。スタジオでの正確な定位が求められるアンビエント収音やロケーションでのサラウンド収録など多様なシーンに対応します。

【製品特徴】

■プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ使用向けに設計された革新的なサイドアドレスMSステレオマイクロホン。
■単一指向性と双指向性のコンデンサーユニットを独立搭載。
■MSモードと2種類の内蔵マトリックスステレオモードをスイッチで選択可能。
■デュアルダイアフラムユニットにより、設定した指向性を周波数全域で確実に維持。
■トランスレス回路が低域の歪みをなくし、ハイスピードな音の立ち上りに的確に対応。
■2ミクロン金蒸着膜を採用したダイアフラムに、5段階のエージングプロセスを通すことにより、長年使用しても最適化された状態を維持。
■音響的に開放された筐体により、不要な内部反響音を低減。
■専用ショックマウントによる優れた防振性。
■80Hzローカットフィルタースイッチ、10dBパッドスイッチを標準装備。
■最先端の設計・製造技術による一貫性と信頼あるオーディオテクニカ基準指向特性・周波数特性。

【製品仕様】

■型式:DCバイアス・コンデンサー型
■指向特性:単一指向性+双指向性
■ステレオ・アングル:127度、90度 切換式
■周波数特性:20~18,000Hz
■感度(0dB=1V/1Pa、1kHz):Stereo 90度:-42dB、 Stereo 127度:-41dB、 Mid:-36dB、 Side:-36dB
■最大入力音圧レベル(1kHz、THD1%):149dB S.P.L.
■ローカット:80Hz、12dB/oct.
■入力ATT:10dB
■SN比(1kHz、1Pa):Stereo 90度:69dB、 Stereo 127度:78dB、Mid:79dB、 Side:77dB
■出力インピーダンス:50Ω平衡 トランスレス
■電源:ファントムDC48V
■消費電流:6.4mA
■ケーブル:マイク側(XLR-F5PIN)、出力側(XLR-M3PIN)
■質量:517g
■付属品:専用ショックマウントAT8449a、ダストカバー、ケーブル(5.0m)、マイクキャリングケース

※製品仕様は改良などのため予告なく変更することがあります。

ARP (KORG) ODYSSEY Module Rev1 【ARPODYSSEY-M-1】 【アープ】【オデッセイ モジュール】【アナログシンセ モジュール】【送料無料】

画像付き人気記事を表示するのに便利なプラグイン『WordPress Popular Posts』。 一度アップした記事を更新しても、タイトルは変更されますが画像(サムネイル)は更新されません。 このプラグインには設定画面から画像を更新する「キャッシュクリア」ボタンが用意されています。 サムネイル画像のキャ...

1 2 3 4 5 10 »