【爆売り!】 (お取り寄せ)VFE Reef(コーラル・リーフ)コーラス Choral pedals-エフェクター 【爆売り!】 (お取り寄せ)VFE Reef(コーラル・リーフ)コーラス Choral pedals-エフェクター

Cannonball キャノンボール B5-BS 【送料無料】 【smtb-u】
kawatama.net

WordPress Popular Postsのサムネイル画像のキャッシュをクリアする方法


Choral Reefは、既に量産が終了されているMN3008チップ(BBD/Bucket Brigade Device
バケット・ブリゲード・デバイス)を使用したコーラスです。このチップは、近年のコーラス・
エフェクターに多く使用されているMN3205チップよりもヘッドルームが広く、低ノイズで長い
ディレイ・タイムが得られます。また、エフェクトのミックス量を決めるMIXコントロールは範囲
も広く、最大時にはビブラートと同様の効果も得られます。RANGEとWIDTHの組み合わせ
がディレイ・タイムとモジュレーションの強さを決定します。FEEDBACKを上げると、強弱の
差が大きくワイルドで発振しているようなサウンドが得られます。

コントロール

SPEED:モジュレーションの速度を調整します。
DEPTH:モジュレーションの深さを調整します。
MIX:ドライ音とモジュレート音のバランスを調整します。
FEEDBACK:モジュレート音のフィードバック量を調整します。
RANGEスイッチ:モジュレーションの範囲を変更します。ディレイ・タイムの長さによって、
マイルドなフランジ効果から、起伏の激しいスラップバック・モジュレーション効果まで得られます。

  • 右:ミディアム(太いコーラスの効果)
  • 中央:ショート(緩やかなフランジャー効果)
  • 左:ロング(起伏の激しいコーラス、ノイズも増加します)

WIDTH:このRANGEスイッチでディレイ・タイムとモジュレーションの深さを調整します。
ディレイ・タイムが変わると、モジュレーションの強さが変化します。他のアナログ・コーラス同様、
ディレイ・タイムが長くなると、ノイズが増加します。

Peter Rutter氏による完全ハンドメイド/アメリカ製
・トゥルー・バイパス仕様
多層式フィルターによる電源ノイズの低減
・誤差1%以下の金属皮膜抵抗と5%以下のオーディオ用キャパシターを使用
・ALPHA社製ポット、NEUTRICK社製ジャックを採用
・最高級のCARDAS AUDIO社製ハンダを使用


Panasonic/パナソニック HDコム専用バウンダリーマイクロホン(アナログ) KX-VCA002 納期にお時間がかかる場合があります

画像付き人気記事を表示するのに便利なプラグイン『WordPress Popular Posts』。 一度アップした記事を更新しても、タイトルは変更されますが画像(サムネイル)は更新されません。 このプラグインには設定画面から画像を更新する「キャッシュクリア」ボタンが用意されています。 サムネイル画像のキャ...

1 2 3 4 5 10 »